チェックインは15時からです。

ホテルの中の人が綴る、ホテルを愛する人のためのブログ

【雑談】年功序列と大企業と私

 

こんばんは!

 

忙しい土曜日が終わりました・・・。

が、明日もお仕事。しかも取り仕切っているイベントがあるので落ち着かない1日になりそうです( >Д<;) 

そんなこんなしていると、ホテルの中の人が怯える「年末年始」がやってくるんですけどね!!

あ~なんでこんなに忙しいのだろ~(ノ´Д`)ノ

 

さて今日は少し自分語りです(笑)

弊社、誰もが知っている大企業のグループ会社なんですよ。

 

大元は確か戦後まもなく、弊社も設立から50年以上たってるかな~といったところ。

そのため、社風は実に日本的なんですね!

 

年功序列・終身雇用至上主義

 

仕事が出来ようが出来まいが、長く勤めた人が偉いのです。

※終身雇用はちょっと崩れつつある様子

 

 

日本的な社風は良い事か??

やっぱり日本的社風にはメリット・デメリットありますね。

 普段の会社生活をもとに、ちょっと考えてみました。

 

メリット

  1.  真面目に会社に出勤すれば評価される
  2.  生活(老後)に不安がない

デメリット

  1.  仕事が出来ない人が管理職になる
  2.  モチベーションの低下
  3.  給料があがりにくい
  4.  社内が改革されにくい

 

 

 

メリット 

1・真面目に会社に出勤すれば評価される

→仕事が出来なくても、休まずに毎日出勤して文句言わずに業務をこなせばそれだけで評価される。

、、、今の私かな??

 まぁ、真面目な人が評価されるのは、良いことですよね(汗)

 

2・生活(老後)に不安がない

→確かに、弊社は年金とか福利厚生はしっかりしてますね。

私が仕事をやめる決心がつかない理由がコレ(笑)

 ただ、年金制度自体が危うい現代ですから、、、老後の不安がまったくないわけではないですね。

 

 

デメリット

デメリットの3つは繋がってますね。 

仕事が出来ないひとは、尊敬も出来ない。でも出世は出来る。

そんな人が上司になることも多い

上司の存在は仕事のモチベーションに大きく影響を与えます。

尊敬できない上司だから仕事のモチベーションもさがる。

そのうえ、給料も上がりにくいからさらにモチベーションがさがる。

 

 

あれ?メリットすくない??

 

(まぁ、弊社の場合ですが)

(さらに私はたいして仕事が出来ないです。)

なにより私が気になるのは

4・社内が改革されにくい

ってところ。

 弊社でも、最近パワハラ・モラハラ騒ぎがありました(別の事業所にて)

おそらくずっと前からパワハラ・モラハラ当たり前だったけれど、だれも注意すること

がなかったので、今になってやっと表面化したのだと思います。

なぜ今になって表面化したのか?

それは、会社がイノベーションに力を入れはじめたから。

どうやらちょっと叩いただけで、ポロポロ膿が出てきた様子。

しかし、人間って不思議。

新人のころにさんざんイビられたのに、いざ自分が上の立場になれば当たり前のように同じ事をする。 

どうしてだろうって思います。

 

でも、、、、でもですよ、、、、

もしこのままイノベーションが進み、社内が変革されたとします。

「来年から、年功序列ではなくなります。完全実力主義です」

ってなったら

私、ちょっと嫌って思っちゃう(笑) 

もう、私は大企業にどっぷり浸かってしまったのだろうか、、、

ちょっと悲しくなりました。 

でも同じ気持ちの人はおそらくたくさんいるだろうと思います。

まず、弊社上層部が私と同じ気持ち(笑)

 

 

 そもそもイノベーションってなんやねん。

まずイノベーションするのは

給料!

だと思いますよ・・・(小声)

 

それでは!