リゾートバイトで10万稼いでニートを脱却する方法

リゾートバイトの目的




スポンサーリンク

リゾートバイトで10万稼いでニートを脱却する方法

ニート=15歳から34歳までの、家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていないもの

 

何故ニートとなってしまったのか。それは各個人で様々な理由があると思いますが、多くは人間関係が関わってくるのではないでしょうか?

「上司のパワハラで仕事を辞めた」「いじめで学校を辞めてからそれっきり社会に出ていない」「親・親戚との折り合いが悪い」…etc

等人間関係が理由でニートとなってしまった人は

人間関係には不安を抱えているが労働は可能な状態という人も多いのではないでしょうか。

今の現状を打破したい・外に出る機会方法を探しているという人に、リゾートバイトという選択肢を私から提案したいと思います。

リゾートバイトは寮費水道光熱費が無料なので、体ひとつで直ぐに仕事を始める事が出来ます(経歴資格も全く問われません)。求人によっては3食の食費も無料ですので、あまり貯金を持っていないという人でも生活費を抑える事が可能です。つまり、お金をかけずに自立した生活を送る事が出来ます。

リゾートバイトだったら、今住んでいる場所から全く離れた場所に住む事が出来ます。人間関係をリセットしたい・人生をやり直したいという人は、海や山に囲まれた自然豊かな場所で、色々なしがらみを忘れた生活を送ればまた何か変わるかもしれません。

もちろん貯蓄があったり、体を壊してしまったりと「暫くは働きたくない・働けない・働く気はない」という人も中にはいるかと思いますが、もしまた働く意欲必要性が出てきたらリゾートバイトの事を思い出してください。

ニート生活からリゾートバイト生活へ移る際への注意点

現状打破にはリゾートバイトがおすすめ!なのは事実ですが、対人関係に不安を抱えている人がリゾートバイトを始める際は求人選びを慎重に行うようにしてください。

リゾートバイトは働く地域・職種・スタッフによって仕事環境が全く異なってきます。雇用先によって「スタッフの大半がチャラチャラなリア充大学生」「寮が相部屋でプライベートでもストレス」「雇用先のスタッフがパワハラ紛いな厳しさ」といったケースもなきにしもあらずです。

せっかく現状を打破しようとしたのに、求人選びで失敗してしまうと新たなトラウマを生みかねません。

上手く現状打破!脱ニートをするためには、以下の3点に注意して求人選びをするようにしてください。

ここは絶対譲ってはだめ!完全個室寮を選ぶ

まず、絶対譲ってはいけないポイントは個室寮を選ぶという事です。

リゾートバイトで雇用先から提供される個室寮には「マンション・アパートのようなワンルームタイプの寮」「一部共同のシェアハウスのような寮」「ホテルの客室を利用した寮」といったタイプがあります。

求人を選ぶ際には、完全個室寮と呼ばれるマンション・アパートのようなワンルームタイプの寮にしてください。

個室寮の求人は相部屋寮の求人に比べて少ない傾向がありますが、相部屋というのは思った以上にストレスを感じる場面が多くありますし、対人関係に不安を抱える人は尚更ストレスを感じてしまうでしょう。

同居人が夜遅くまで起きている…上手くコミュニケーションが取れない…と些細な事でストレスやトラブルになりがちです。

寝室は個室でも、キッチン・バストイレ・冷蔵庫や洗濯機の家具家電設備が共同のシェアハウスのような寮もありますが、リゾートバイトに慣れるまでは避けた方が無難です。

同居人との相性が悪くてリゾートバイトを辞めてしまうスタッフも少なくないので、粘り強く完全個室寮を探すようにしましょう。

一緒に働くスタッフのタイプを分析する

人と関わる事にまだ抵抗・恐怖を感じる・人見知りでコミュニケーションは苦手な傾向にある人

そんな人はリア充大学生たちが少ない場所・期間で働くようにしましょう。

大学生の長期休暇に重なると各雇用先はウェイウェイなリア充大学生リゾートバイトで溢れます。

春休み(2月~4月上旬)夏休み(7月~9月)冬休み(12月下旬~1月上旬)はなるべく避けたほうが無難です。

しかし、お盆休みや年末年始といった短期でまず始めたい人は上記の時期を避けて通れません。なので、春夏の沖縄及び離島・冬のスキー場といった大学生に人気のある地域や「学生大歓迎!」といったワードを掲げてある求人を避け、なるべく学生が少ない場所を選ぶようにしましょう。

「友達同士・カップル同士歓迎」というワードも避けたほうが良いです。応募の時点でスタッフ同士に交遊関係が出来上がっている事が多いため、疎外感があったりとコミュニケーションを取るのに苦労する可能性があります。

逆に人との関わりを持ちたい!友達が出来たらいいなと考える人

もしも、「逆に人との関わりをもちたい」「せっかくだから友達が出来たらいいな」と考えている人は、働く職種を意識してみると良いでしょう。

特におすすめなのは、ビュッフェレストランのホールスタッフです。

確かにビュッフェレストランのホールスタッフは、接客だけでなくスタッフ同士のコミュニケーションも必要となってきます。

しかし、仕事自体は難しくないため慣れるのも早いですし、お客様に対してもスタッフに対しても

挨拶(いらっしゃいませ・ありがとうございます・おはようございます・お疲れ様ですetc)

をキチンと行えば、相手は必ず心を許してくれますし、スムーズに事が運ぶようになるでしょう。最初は戸惑う事もありますが、慣れてしまえば何も大変な事はありません。自分から積極的に声を出すように心がけてください。

繁忙期を避けて応募する

確かに、繁忙期は求人もたくさん出ていますし、残業も多く稼ぎやすいです。

しかし、ホテルの繁忙期は朝から晩まで働く事も珍しくなく、「働く事が久しぶり・慣れてない人」にとってはかなり辛い状況に晒されます。また、仕事を教えるホテル側のスタッフも忙しいため、教え方が雑になったり、言い方がきつい感じになったりとあまり良い事がありません。

地域によって多少異なりますが、夏休み(お盆)の7~8月、ゴールデンウィーク、冬休み(年末年始)の12月~1月が繁忙期と呼ばれる事が多い時期です。

久しぶりに働く…という人は、繁忙期をなるべく避ける事をおすすめします。

特に規模の大きいホテルでは繁忙期前後の閑散期にも募集をかけている事も多いので、そこを狙っていきましょう。

求人を探す際、リゾートバイト派遣会社の営業担当に「まだ働く事にあまり慣れてないので、比較的忙しくない地域をお願いします」と質問すれば、その地域・ホテルがどれくらいの忙しさかを教えてくれます。

対人関係に不安がある人は裏方業務に就く

いわゆる接客をするポジション「レストランのホール」「フロント」「マリン・スキー場スタッフ」はお客様とのコミュニケーションはもちろん、スタッフ同士のコミュニケーションが不可欠な仕事です。また、どんなに辛い事があっても笑顔でいなければなりませんし、相手から怒られてしまう事も時にはあります。

そのため、対人関係に不安がある人は接客するポジションではなく、「客室清掃」「洗い場」「調理補助」といった裏方業務を行うポジションをおすすめします。

裏方業務において、コミュニケーション能力はそこまで重視されません。「与えられた仕事を黙々と時間内に終わらせる」という姿勢が何よりも評価されるのです。そのため、テキパキと動く・効率の良いやり方を考えるといった行動が求められます。

黙々と静かに作業するのが好きという人にはうってつけの仕事です。たとえコミュニケーションと取るのが苦手でも、仕事を早く終わらせる事が出来るようになれば、自然と職場でも頼られる存在になるでしょう。

単純作業が多いので未経験歓迎が多い、お客様相手の仕事では無いので身だしなみが厳しくないのも嬉しい特徴です。数ある裏方業務の中でも「洗い場」は求人数も多く、仕事自体も簡単で覚えやすいのでおすすめです。

不安・不満は声に出す

たとえ、あなたが上記の対策を行った上でリゾートバイトを始めたとしても、時と場合によっては就労途中で「辞めたい」と思う事もあるでしょう。

「職場に嫌味を言ってくる人がいる」「残業が多くてキツい」「寮が汚い、まかないが少ない」…etc、やはり働いてみないとわからない事も多いです。

また、新しく仕事を始める前は「仕事に馴染めなかったらどうしよう」「スタッフと仲良く出来なかったらどうしよう」と色々不安がありますよね。

「辞めよう」と決める前に、就労前でも、就労途中でも、不安・不満は必ず口に出して相手に伝えるようにしてください。

あるスタッフから嫌味を言われたとしても、何があったかをホテル側に伝えればシフトを変えてもらう事が出来ます。レストランスタッフが合わなければ、宴会スタッフに変えてもらう事が出来ます。

もちろん我儘は駄目ですが、「辞めたい」「辛い」「無理だ」と思い悩む前に一言相談してみましょう。ホテル側に言い難いと思ったら、派遣会社に相談するようにしてください。

 

リゾートバイトは最悪、途中でも辞める事は出来ます。

しかし、途中で辞めてしまうのは「交通費が支給されない(自腹で家まで帰らなければならない)」「今後仕事を紹介してもらえない」というデメリットもあります。

もちろん、一度始めた仕事を途中で投げ出すのは、お金を貰っている以上やってはいけない行為です。就労した本人・紹介した派遣会社・受け入れたホテル全てが損をしてしまうのです。

ニート期間が長かった人ほど仕事を始めてから、想像以上に肉体的・精神的な疲れがやってきます。

一度始めた仕事を途中で辞めてしまうのは決して褒められた事ではありませんが、どうしようもなくなったら途中で辞められると心の片隅に置いておけば、リゾートバイトを始めるハードルが下がるも確かです。

ホテル側としても、何かあったら遠慮なく言ってくれたほうがありがたいです。実は途中で辞めてしまうのも「え~シフトどうしようかな~」くらいの悩みがあるくらいです(たまに嫌味言う人もいますが)。それくらい人の入れ替わりには慣れているのです。

「こっちはいつでも辞められるからな」ぐらいの強い気持ちで不安・不満を伝えるくらいがちょうど良いでしょう。

逆に何も言わずバックレてしまうのが一番困ります。一生懸命仕事している他のスタッフに迷惑が

かかりますので、絶対にやらないでください。

自立するにはリゾートバイトがおすすめの手段

「今の環境を変えたい」「実家にいるので親に甘えてしまう」「親との関係が悪化したので離れたい」と様々な理由で自立したいと考える人は多いでしょう。

しかし、環境を変えるには多少なりお金がかかります。初期費用0円で自立するのは今の世の中不可能といっても間違いではありません。

ニートがなかなか自立出来ないしない背景にはこのような現状があるからです。

そこでリゾートバイトの出番といえます。リゾートバイトは職場までの交通費・寮・食事がきちんと提供される環境が整っているのです。

また、リゾートバイトは雇用期間も選べるので、まずは「お試しで1ヶ月の短期で仕事を始める」といった調整を自分で行う事が出来ますし、その職場が気に入れば雇用期間を延長する事が出来ます。

リゾートバイトから社員登用を利用して正社員になる人もたくさんいますので、将来の選択肢を増やす事も出来るでしょう。

今の現状を打破したい・外に出る機会方法を探しているという人はリゾートバイトを始めてみてはいかがでしょうか。

ホテルは皆さんが働きに来てくれるのを待ってます。

 

脱ニート!への一歩目。おすすめ派遣会社

リゾートバイト.com(グッドマンサービス)



リゾートバイト.com は株式会社グッドマンサービスが運営する派遣会社です。

「業界No1の高時給」を唱っているだけあり、待遇面では他の派遣会社より頭ひとつ抜けています。

時給1200円以上の求人が多数あり、他の派遣会社と比べて平均で50~100円高くなっています。

また、時給が高いだけでなく掲載している求人の数も豊富なのがGOOD!

何度も働く事によって時給がアップするグッドマンリピーターという制度もあり、さらに稼ぎやすい環境が整っています。

稼ぐ事を目的とするなら、登録必須の派遣会社です。

 

リゾバ.com(ヒューマニック)



リゾバ.com は業界最大手で老舗の派遣会社ヒューマニックが運営しています。

その特徴は「求人数業界No1」

北は北海道から南は沖縄まで全国を網羅した派遣先、1日~1週間の超短期求人、季節限定の職種といった様々な求人が揃っています。

働く場所や職種にこだわりたい人におすすめの派遣会社です。

マイナスポイント→他の派遣会社と比べて、時給が安い傾向にある。

 

ハッシャダイリゾート




ハッシャダイリゾート はハッシャダイファクトリーが運営する、比較的新しい派遣会社です。

HPを見てみるとわかりますが、「お金を稼ぐ」だけでなく「非日常空間で得た、体験・出会いを通じて成長する」という事も大きな目的としています。

登録から求人を決めるまで、チャットやLINEだけで完結。気軽に始めやすいのも魅力のひとつです。

マイナスポイント→登録するまで求人を見る事が出来ない(HP上に公開していない)

 

 

リゾートバイトの目的
スポンサーリンク
シェアする
ホテリエール

コメント