リゾートバイトで「出会い」を求める人におすすめ「宴会・配膳スタッフ」を紹介します。

リゾートバイト




スポンサーリンク

リゾートバイトで「出会い」を求める人におすすめ「宴会・配膳スタッフ」を紹介します。

リゾートバイトの求人を見てもらうとわかりますが、求人の職種欄に「配膳」「ホール」「レストランサービス」といった表記がよく見受けられます。

求人によって、職場の詳しい表記がある場合(バイキング会場・レストラン等)とホール・配膳といった表記のみの場合がありますが、これらは全て、「会場設営」「料理出し」「片づけ」といったお客様の食事に関する仕事の「サービススタッフ」を指しています。

リゾートバイト派遣会社で募集されている仕事は、レストランでの仕事が多い傾向にありますが、修学旅行や社員旅行・ツアーといった団体客を相手にする「宴会」の仕事も募集されています。

ホテルによっては「レストランスタッフと宴会スタッフのシフトが完全に分かれている」事もありますが、多くのホテルで「区別せずに、その日によってレストラン・宴会と配置が変わる」「大まかに分かれているが、集客状況によってシフトを調整する」といったシフト形態が取られています。

そのため、宴会スタッフの仕事・レストランスタッフの仕事、両方知っておくのは決して損ではありません。

宴会スタッフもレストランスタッフと同じく、初心者でも始めやすく稼ぎやすい仕事です。

また、「サービススタッフ」といっても、レストランスタッフ以上に接客する機会は少ないですので、アルバイトが初めての人や接客が苦手な人でも始めやすい職種といえます。

※レストランスタッフの仕事については以下の記事を参考にしてください。

>>リゾバ初心者におすすめ!レストランのホールスタッフの仕事を紹介します。

宴会スタッフの仕事内容

リゾートバイトにおける「宴会スタッフ」とは、ホテルの宴会場・夕食会場・朝食会場にて働くスタッフを指します。

「配膳スタッフ」とも呼ばれ、主な仕事内容は

  • 会場の設営
  • 料理の配膳・食器の片づけ
  • 会場の片づけ

とレストランスタッフの仕事と非常によく似ています。(上記の通り、実際に宴会スタッフとレストランスタッフに区別が無いホテルも多いです。)

が、しかしレストランスタッフが毎日の仕事にほとんど変化が無いのに対し、宴会スタッフは「その日によって仕事内容・会場が変わる」という違いがあります。

また、宴会時間によってシフトが変わるので、レストランスタッフ以上にシフトが不規則になりますが、「朝食~中抜け~夜宴会」「昼宴会~休憩~夜宴会」といった感じでシフトが組まれ、実働8時間が基本です。

時間や人数・料理内容はお客様によって千差万別ですが、宴会の仕事は上記の通り「会場の設営」「料理の配膳・食器の片付け」「会場の片付け」の何れかに分類されます。

その日の料理内容・人数を覚えた上で、リーダーの指示に従いテキパキと動く事を心がけていきましょう。

会場の設営

会場の設営は「会議・スクールの設営」と「宴会の設営」の大きく2つに分ける事が出来ます。

「会議・スクール設営」

規模の大きいホテルでは、企業の会議やセミナー・学生団体の受け入れも行っています。

「会議・スクール設営」は椅子・長テーブルを見取図通りに並べて、お客様が使いやすいように会場を整えていく仕事です。

力仕事にはなりますが、リーダーの指示に従いながら動いていけばあっという間に終わります。怪我に気を付けながら、テキパキと動くようにしましょう。

「宴会の設営」

宴会の設営とは「お客様の食事会場を作る」という仕事です。椅子・テーブルを見取図通りに並べ、そこからテーブルクロス・食器類・グラス類を卓上のセッティングしていきます。

こちらもリーダーがその日の料理内容・人数を確認しながら、スタッフに指示を出していきます。「箸担当」「グラス担当」「フォーク担当」「ナイフ担当」…etcといったように、スタッフで分担しながら行う事がほとんどですので、指示を仰ぎながらテキパキと動いてください。

料理によっては、フレンチのように「使う順に外側からナイフを右にフォークを左に、グラスは右上に置く」という風に配置がほとんど決まっている事もありますが、ホテルによって卓上のセッティング方法は変わってきます。

設営前に、リーダーがその日の卓上セッティングの見本を作ってくれる事が多いので、その見本通りにセッティングするのが確実です。

料理の配膳・食器の片付け

宴会が始まる前に、必ずその宴会で働くスタッフが参加するミーティングを行います。そこで「今日のお客様は何人いるのか」「料理内容」「ドリンクの種類」「宴会の流れ」等をスタッフ全員で共有します。

  • 1人目の挨拶が終わったら、スタッフはビールを卓上に3本置く
  • デザートの白玉には添えてある餡をかける
  • 席が決まっているので、席札通りに案内する

といった作業の流れや注意点・料理内容が説明されますので、キチンと把握しておくようにしましょう。

宴会のスタート時間になったら、お客様をお迎えします。最初は姿勢を正し笑顔で挨拶する事を心がけておけば問題ありません。慣れてきたら、お客様の椅子を引いて座りやすくしてあげたり、積極的に声をかけスムーズな客入れを行えればなお良いでしょう。

 

お客様が会場入りして乾杯が終われば、決められた料理を運んでいきます。宴会によってはスケジュールがタイトな場合もありますし、人数が多いと運ぶ時間もかかります。

始まる前のミーティングで誰が何人分の料理を運ぶのかを教えてくれますので、自分に割り振られた分の料理を確実に配膳するようにしましょう。

時間が無いからといって焦ってしまうと、料理の盛り付けが崩れてしまったり、料理を落としてしまったりとミスに繋がります。配膳が遅れている場合は、早く終わったスタッフがフォローに入ったりしてくれますので、最初はゆっくり慎重な配膳を心がけましょう。

また、コース料理ではお客様に料理の説明を行う場合も多々あります。

宴会の場合はそこまで専門的な説明をする事は少ないですので、心配する必要はありません。「刺身はこちらの醤油をお使いください」「鍋の肉は○○産牛肉を使用しております」といった具合ですので、ミーティングで聞いてからの丸暗記でも十分対応出来ます。

 

料理の配膳と同時進行で食器の片付けも行っていきます。宴会の最中に空いた皿やグラスはなるべく下げるようにしていけば、宴会後の片付けが楽になります。

初めの内は料理の配膳に集中するべきではありますが、ある程度仕事に慣れてきたら「こちらのお皿はお下げしてもよろしいでしょうか」とお客様に積極的に声をかけ、デザートが出る頃にはグラス以外何も無いくらいの勢いでも問題ありません。

お客様が帰ったら、ひたすらテーブル上の食べ残し・食器類・グラス類を片付けていきます。片付けでも「食べ残しを捨てる担当」「グラスを集める担当」「フォークを集める担当」…etcのように担当が割り振られますので、指示を仰ぎながら動くようにしましょう。

会場の片付け

卓上の食器類やグラス類を片付け終わったら、次のお客様を迎えられるように会場内を整えていきます。お客様の忘れ物をチェックする、床に落ちているゴミを拾う、椅子・テーブルが汚れていたら綺麗に吹き上げるといった具合です。

場合によっては、椅子・テーブルを倉庫に片付けたり、翌朝の会場をセッティングしたりもします。力仕事になる事もありますが、リーダーの指示に従いテキパキと動くようにしましょう。

宴会スタッフの大変な所

力仕事が多い

会場の設営・片付けの時は、椅子・テーブル・ステージやプロジェクターといった大きな物・重たい物を運ぶ機会が多いです。

そのため、宴会スタッフは他の職種に比べて「力仕事」が多い傾向にあります。運ぶのにコツがいる機材も多くありますので、決して一人で無理をせずにスタッフ同士で声を掛け合いながら行うようにしましょう。その際にも、怪我には注意してください。

シフトが不規則

朝昼夜と全ての時間帯で営業しているレストランも少なくありませんので、レストランスタッフはシフトが不規則になりがちです。

例えば、「6:00-11:00は朝食ビュッフェ~中抜け~17:00-21:00は夜のビュッフェ」といった中抜けシフトも頻繁に起こります。また、1日の労働時間が長くなってしまう(10時間を超える)事も多々あります。

前日は夜の22:00過ぎまで働いて、翌日は朝6:00までに出勤するといった不規則なシフトだと、慣れない内は肉体的に辛い事も多いでしょう。

しかし、辛いのは最初だけで、体が慣れてしまえばなんてことはないですし、中抜けの過ごし方も自然と身についてきます。

体力温存のためにお昼寝したり、スタッフ同士で有名なランチを食べに行ったり、ゲレンデで働く元気なスタッフは滑ったりと、皆思い思いに過ごしています。

身だしなみの基準が厳しい

特に高級ホテルと言われる所では、たとえリゾートバイトにもそれなりの身だしなみが求められます。ホテル各自で身だしなみの基準を決めている事がほとんどですので、もし基準よりも乱れていると、色々注意を受けるはめになってしまいます。

よくスタッフが注意を受けている箇所は以下の通りです。

  • 髭が伸びている
  • 前髪が目にかかっている
  • 髪色が派手すぎる
  • 爪が伸びている・マニキュアは禁止
  • 制服が汚れている・シャツにシミやシワがある

男女共に清潔感が求められますので、髪色や長さに不安がある人はあらかじめ基準を聞いておくようにしてください。

また、お辞儀の角度や姿勢・歩き方にも厳しい基準があるホテルも少なくありません。人によっては煩わしく感じる事もありますが、サービスでお金を貰っている以上は最低限のマナーを身につける必要があると言えますので「レストランスタッフは身だしなみやマナーに厳しい」という認識を持っておいてください。

レストランスタッフの良い所

スタッフ同士で仲良くなりやすい

特に規模が大きいホテルでは、1度の宴会で100人・200人のお客様を相手にする事もありますので、必然的に宴会スタッフの人数も多くなります。

また、力仕事も多いので大学生~20代前半の若いスタッフが多く、皆で協力しながら仕事をする事がほとんどなので、スタッフの連帯感が生まれやすい環境です。

もし、リゾートバイトをする上で「出会い」を求めているのであれば、宴会スタッフはおすすめの職種と言えます。

他の職種と比較して稼げる

「シフトが不規則」「1日の労働時間が長い」という点をレストランスタッフの大変な所として挙げましたが、逆に考えてみると「残業代がたくさんあるので稼げる」という事になります。

例えば、時給1,000円である日のシフトが「7:00-11:00朝食ビュッフェ~中抜け~17:00-23:00夜のビュッフェ」といった場合

  • 勤務時間は10時間(内残業2時間)
  • 残業2時間の内、22:00~23:00の1時間は深夜残業
  • (1,000×8)+(1,000×1.25)+(1,000×1.5)=日給10,750円

となります。お客様の夕食時間に合わせて働くレストランスタッフは、他の職種に比べて深夜残業も発生しやすい環境にあります。1日10,000円稼げるアルバイトはなかなかありませんので、レストランスタッフの稼ぎやすさは魅力的といえます。

仕事は比較的簡単なので、初心者でも始めやすい

特にビュッフェレストランでの勤務だと、予想以上に接客する機会が少ないです。

接客は楽しい事もありますが、時にはクレームを受けてしまったり、理不尽な事を言われたりとストレスを受ける事も多いです。しかし、ビュッフェレストランでは、接客する時間がそこまで無いため、接客に関してのストレスが他のレストラン・職種に比べて少ない傾向にあります。

そのため、初心者でも始め易いですし、精神的にも余裕を持って仕事に取り組むことが出来ます。

もちろん、接客が全く無い日はありませんので、姿勢を正しく笑顔でいる事は常に心がけましょう。片付けや料理出しを行いながらも、お客様には常に目をくばり、困ってそうなお客様がいれば直ぐに声をかける等、積極的に動くようにしてください。

また、仕事自体は簡単で単純作業の繰り返しといっても、作業は複数種類があるので飽きずに仕事出来るのも良い所といえます。

「会場設営」「料理出し」「片付け」を繰り返していくと、時間はあっという間に過ぎていきます。労働時間は長いけど体感的にそこまで感じないという事もよくあります。

 

宴会スタッフの求人を探す

宴会スタッフはリゾートバイトの中でもポピュラーな仕事です。そのため、どの派遣会社も多くの求人が揃っています。求人を探すのに苦労する事は少ないでしょう。

ただし、時給が高い・個室寮・まかない3食付といった条件の良い求人は直ぐに埋まってしまいますので、気に入った求人を見つけたら早めに応募する事をおすすめします。

レストランスタッフは身だしなみに厳しかったり体力勝負な所もありますが、初心者でも始めやすく、稼ぎやすい仕事です。

リゾートバイトに興味が出てきた人は、ぜひ一度応募してみてはいかかでしょうか。ホテル側はいつでもお待ちしております。

おすすめ派遣会社3選

リゾートバイトを探す際は、専門の派遣会社を利用するのをおすすめします。

ただ求人を紹介するだけでなく、就労先とのコンタクトを取ってくれるたり、仕事の詳細や就労先の環境を教えてくれたりと、仕事が円滑に進むように環境を整えてくれます。

派遣会社によっては、就労後のキャリアサポートも行ってくれるので(正社員雇用や留学等)興味がある人は利用してみましょう。

 

良いリゾートバイトライフを送るには、良い派遣会社を使う事が第一条件といえます。

リゾートバイト業界の大手・信頼を集めている派遣会社3社を紹介しますので、活用してください。派遣会社は複数社の登録が可能ですので、各社に登録して目的別に使い分けるのも良いでしょう。

時給の高さNo1「リゾートバイト.com」



リゾートバイト.comは業界No1の時給高さを誇る派遣会社です。他の派遣会社の時給が1000円程度に対して、リゾートバイト.comは時給1100~1200円の求人を多く揃えています。

また、時給1300円以上の求人も割りと簡単に見つける事が出来るので、貯金したい稼ぎたいという人は登録必須の派遣会社と言えます。

短期求人多数!「リゾバ.com」




リゾバ.comは求人数業界No1の老舗派遣会社です。常時3000件の求人が掲載されており、拘って求人を探したい人にはおすすめです。
特に1週間~1ヶ月の短期求人と友達同士歓迎の求人の多さに定評があり、待遇に妥協せず求人を探す事が出来ます。長期休暇を利用してリゾートバイトしたい大学生はぜひ登録しましょう。

フォロー体制抜群「ハッシャダイリゾート」




リゾートバイト初心者や楽しみながら仕事がしたい!という人にはハッシャダイリゾートをおすすめします。あらかじめ希望を営業担当に伝えれば、その希望に沿った求人を探しだし、就労前後のスケジュールを立ててくれます。

また、「海で遊びたい」「スキーが出来る場所希望」「温泉に入りたい」等のプライベートな要望も聞き入れてくれるので、公私共に充実したリゾートバイトライフを送れます。

 

 

リゾートバイト
スポンサーリンク
シェアする
ホテリエール

コメント