リゾバ初心者は「まずは1ヶ月」の短期で始めるのがリゾートバイトを楽しくするコツです。

リゾートバイトの目的




スポンサーリンク

リゾバ初心者は「まずは1ヶ月」の短期で始めるのがリゾートバイトを楽しくするコツです。

  • 1週間前後
  • 1ヶ月
  • 3ヶ月以上

リゾートバイト求人の多くは以上の期間で募集されています。

「新しい仕事が決まるまでの繋ぎ」「留学費用を貯めたい」「色々なホテルでバイトしてきたフリーター」といった働く事に慣れている・資金調達が目的の場合であれば、3ヶ月以上の求人にどんどん応募して問題ありません。

もし、あなたがリゾートバイトは初めてという場合は、1週間前後もしくは1ヶ月の期間で仕事を始める事をおすすめします。

リゾートバイトの就労期間は延長は出来ても短縮は原則認められていないため、もし辞めたいと思っても簡単に辞める事が出来ないのです。

もし辞めれたとしても「交通費が支給されない」「仕事を紹介してもらえなくなる」といったデメリットが発生します。

「思っていたのと違った!」と仕事をバックレてしまうケースが時折発生しますが、バックレは本人・派遣会社・ホテル全員が損をしてしまうので、絶対に止めてください。

 

この記事では、なぜリゾートバイトは短期で始めるべきなのか、短期でリゾートバイトをする場合のメリットと少しのデメリットを紹介していますので、今からリゾートバイトを始める予定の人・興味がある人は参考にしてください。

短期でリゾートバイトする際のメリット

職場が気に入った場合は就労期間を延長する事が出来る

リゾートバイトは上記の通り、期間の短縮は原則認められていませんが延長は可能です。期間の延長は、その職場が人手不足で募集をかけているという場合のみではありますが、ホテルは基本的に人手不足ですので、期間の延長が認められるケースは多いです。

また、ホテル側としても新たな人を迎えるより、慣れた人が居てくれた方が助かりますので、期間の延長はwin-winとも言えます。

せっかく、派遣会社を吟味して入念に準備をしても、就労先のホテルで「嫌味を言ってくる人がいる」「事前に聞いていた仕事違う」「個室寮希望なのに相部屋にされた」とトラブルになる、嫌な思いをするという可能性も0ではありません。

特に人間関係はホテルに行くまで分かりませんので、スタッフ同士で喧嘩をしてしまい、職場に居づらくなり辞めてしまうというケースは実際にあるのです。

そのため、最初から3ヶ月の期間で働くより、まずは1ヶ月で始めて「就労先のホテルが居心地良ければ期間延長」、そうでなければ「次の就労先を探す」というパターンの方がストレス無く働けるので、短期で始める方がメリットが大きいと言えます。

様々な職場・職種で経験を積む事が出来る。

短期であれば「以前は沖縄に行ったから次は北海道にしよう」「夏は暑いから、避暑地にあるホテルで働く」「今月は京都、来月は奈良」といったように、日本各地を転々と旅するように働く事も可能です。

また、「今は裏方仕事だけど接客に興味が出てきた」「接客が好きなので高級ホテルでもっとスキルを積みたい」等、様々な職種を経験したりスキルアップしたりも出来ます。

様々な職種を経験する事によって、「接客したかったけど良い求人が無いから、時給が高い洗い場で働こう」というように求人選びにも幅が出ますし、「ホール・洗い場・客室清掃を兼務する」という小さなホテルでは重宝されるでしょう。

スケジュールの調整がしやすい

大学生の場合、長期休みの間にリゾートバイトをする場合が多いと思いますが、その間にもサークルの集まり・ゼミの実験等の予定が入る事もありますよね。

そのため、長期休み中ずっとリゾートバイトに入るのが難しいという事もあるでしょう。しかし、短期ならば「7月はゼミがあるので、8月だけリゾートバイトしよう」「サークルがあるから大型連休だけリゾートバイトする」とスケジュールの調節がしやすいです。

もし合わない職場でも我慢出来る。

上記の通り、入念に準備しても「就労先のホテルが自分に合わない」という事もあります。

このような場合でも、1週間~1ヶ月といった期間であれば、最悪我慢して仕事を続ける事も出来ます。

3ヶ月というのは四半期、つまりひとつの季節が過ぎてしまうくらいですので、結構長いです。

もし就労先のホテルが合わなかった時、3ヶ月耐える続けるというのは厳しいです。「辞める」と考えてしまう人が多くなるのも仕方ありませんよね。

毎日仕事をしていると1週間~1ヶ月くらいは、あっという間に過ぎてしまうものです。特にリゾートバイト初心者は短期を選んで、期間満了出来る可能性を上げておきましょう。

短期でリゾバをする際のデメリット

時給が低めの傾向にある

勤務地は職種、派遣会社によって時給は異なりますので、「○○円低い」と断言は出来ませんが、1ヶ月の短期求人は、3ヶ月以上の長期求人に比べて、20円くらいは時給が低めの傾向にあります。

たった20円の違いでも、1ヶ月働けば給料に差が出てきますが、それでもリゾートバイト初心者は「1ヶ月」「1週間前後」の短期で始める事をおすすめします。

求人数が少ない

リゾートバイトの多くは3ヶ月以上の長期で募集されていますが、最近は大学生のリゾートバイトも多いため、1週間~1ヶ月の短期求人も増えてきました。

それでも派遣会社によっては、短期求人を数える程しか取り扱ってない又は全く取り扱ってないという場合もあります。

このデメリットは短期求人を多く取り扱っている派遣会社に登録する事で解消できます。以下を参考にしてください。

 

短期求人を多く取り扱っている【リゾバ.com】

数ある派遣会社の中でも、1週間~1ヶ月の短期求人を多く取り扱っているのがリゾバ.comです。

求人数業界No1を誇るリゾバ.comは、1日~3日の超短期案件や友達同士で応募OKの求人等、他の派遣会社では扱ってない求人も多く取り扱っているので、とても使い勝手の良い派遣会社です。

特に大学生は登録必須の派遣会社と言えます。

求人数業界No1、リゾバ初心者の強い味方

リゾバ.comは常時3000件以上の求人数を誇る、業界最大手の派遣会社です。

募集期間が1週間前後はもちろん、土日だけ・1日だけといった超超短期求人も多く取り扱っているため、リゾバ初心者の強い味方と言えます。

初めてのリゾートバイトだからどんな様子なのか全くわからなくて不安…という人でも、リゾバ.comの短期求人で「お試しリゾートバイト」をやってみると良いでしょう。

また、今までは裏方だったけど次はサービスをやってみたい!といった新しい事にも、短期求人なら気軽にチャレンジできます。

友達同士・カップルで働ける。

リゾバ.comは特に友達同士・カップルOKの求人が多数募集されています。同じ職種・同じ寮という事も可能ですので、「1人で働くのは不安」「友達同士でワイワイ働きたい」「彼氏彼女と離れたくない」といった場合でも安心です。

もし、友達や彼氏彼女とリゾートバイトやってみる?となったら、リゾバ.comを利用する事をおすすめします。

注意点「時給が低い」

リゾバ.comでは平均時給が950円となっており、他の派遣会社と比べて時給の低さが目につきます。

元々時給が低い傾向にある、沖縄やスキー場スタッフとなると800円前後と更に低く設定されています。

そのため、お金を稼ぎたい!という人にはあまり向いていません。働く期間や待遇・友達やカップルでの応募等、求人に拘りがある人向けの派遣会社といえます。

確かに時給は低めな傾向にありますが、中には1000~1200円の求人もありますので、時給にもある程度は拘りたい!という人は粘り強く求人を探してみてください。

 

おすすめ派遣会社3社のまとめ

実際に働くのは各地にあるホテルなので、ホテルの雰囲気や人間関係は重要ですが、その雰囲気の良いホテルに出会うには派遣会社の力が必須になります。つまり、派遣会社がリゾートバイトライフの鍵を握っている事は確かです。

リゾートバイトをやって良かった!ホテルの仕事楽しい!と思うには、自分の目的を叶えてくれる派遣会社を利用する必要があります。

「稼ぎたい」「出会いたい」「楽しみたい」と自分の目的をしっかりと持って、派遣会社及び求人選びをしていきましょう。そうすれば、楽しいリゾートバイトを送る事が出来るはずです。

時給の高さNo1「リゾートバイト.com」



リゾートバイト.comは業界No1の時給高さを誇る派遣会社です。他の派遣会社の時給が1000円程度に対して、リゾートバイト.comは時給1100~1200円の求人を多く揃えています。

また、時給1300円以上の求人も割りと簡単に見つける事が出来るので、貯金したい稼ぎたいという人は登録必須の派遣会社と言えます。

短期求人多数!「リゾバ.com」




リゾバ.comは求人数業界No1の老舗派遣会社です。常時3000件の求人が掲載されており、拘って求人を探したい人にはおすすめです。
特に1週間~1ヶ月の短期求人と友達同士歓迎の求人の多さに定評があり、待遇に妥協せず求人を探す事が出来ます。長期休暇を利用してリゾートバイトしたい大学生はぜひ登録しましょう。

フォロー体制抜群「ハッシャダイリゾート」




リゾートバイト初心者や楽しみながら仕事がしたい!という人にはハッシャダイリゾートをおすすめします。あらかじめ希望を営業担当に伝えれば、その希望に沿った求人を探しだし、就労前後のスケジュールを立ててくれます。

また、「海で遊びたい」「スキーが出来る場所希望」「温泉に入りたい」等のプライベートな要望も聞き入れてくれるので、公私共に充実したリゾートバイトライフを送れます。

 

リゾートバイトの目的
スポンサーリンク
シェアする
ホテリエール

コメント