リゾートバイトの人気職種【スキー場のリフト係】の仕事を紹介します。

リゾートバイトの職種




スポンサーリンク

リゾートバイトの人気職種【スキー場のリフト係】の仕事を紹介します。

リゾートバイトにおける「スキー場のリフト係」とは、スキー場を利用するお客様がゲレンデの山頂付近に登るために利用するリフト乗り場で

  1. 乗る時の補助(乗車係)
  2. 降りる時の補助(降車係)
  3. リフト操作

です。各スキー場の勤務形態にもよりますが、大体は4人一組で仕事をします。

もちろん、一歩間違えれば事故に繋がる事もありますのでそれなりに神経を使いますが、仲間と協力しながら仕事をしますので、気負う必要はありませんし、仕事自体は流れ作業で単調です。初心者でも比較的早く慣れる事が出来ます。

スキー場という職場ゆえに求人が出るのは冬限定にはなりますが、旅行気分で仕事したいな~という人にはおすすめの職種です。

但し、ゲレンデ初心者でも仕事に就ける事・仕事も難しくなく、仲間とワイワイ出来る事といった点から、リフト係の求人はかなり人気が高いです。

そのため、求人探しは早めに行う必要があります。9月頃から求人が出始め、10月の中旬には出揃います。11月に入ると、条件の良い求人はどんどん埋まってしまい、余りものばかり…といった事態になってしまいますので、スキー場で働きたいと考える人は、早めのスケジュール調整を行って9月頃には求人を探し始めましょう。

※派遣会社の中でも、リゾートバイト.com はスキー場の求人も多く揃っています。

 

この記事では、スキー場のリフト係がどのような仕事内容やリフト係の大変な所・良い所を紹介しています。スキー場のリフト係は初心者でも就ける仕事ですが、事前に仕事内容を把握しておくのは損ではありませんので、ぜひこの記事を参考にしてください。

リフト係のシフト構成と服装について

リフト係のシフト構成

リフトの稼働時間は、スキー場の営業時間やナイター営業の有無によって異なりますが、通常は8:00〜17:00までです。ナイター営業している場合は、22:00までや24:00までといったケースもあります

そのため、ナイター営業しているゲレンデでは、シフトが午前・午後に分かれている事が殆どです。ナイター営業していないゲレンデでは、朝出勤して夕方上がりといった具合ですので、キチンと求人を確認するようにしましょう。

もし、「スキー・スノボしたい!」という理由で、スキー場バイトする場合は、ナイター営業をしている職場に応募した方が仕事の前後に滑る時間を作れたりもします。

リフト係の服装

ゲレンデでの仕事になるので、スキーウエアを着用します。

職場から支給されるので、自分で用意する必要はありません。スキーウエアの中に着る、ヒートテックやパーカー、防寒手袋や靴下を用意して、防寒対策をキチンと行うようにしておけば問題ないでしょう。

気をつける事としては、いくら寒くてもお客様が多くて忙しい日は汗をかくこともあります。体温調節しやすい服装を心がける事と紫外線対策が必要な事です。屋外での仕事になりますので、こまめに日焼け止めを塗り直さないと、晴れた日にはかなり焼けてしまいます。

髪型・ピアス・ネイルは比較的自由ですので、あまり気にする必要はありません。

リフト係の仕事内容

乗車係

乗車係はリフトに乗り込む乗客に待機位置を指示して、お客さんを安全にリフトに乗せてあげるのが仕事です。

足元がおぼつかない・慣れていないお客様には手を貸してあげたり、声をかけて乗車位置まで進めてあげます。

乗車位置周辺は整備をしないとボコボコになってしまい、足を取られて転んでしまうので、お客様がいなくなったタイミングで待機位置から乗車位置までの間の整備する仕事や雨の日や雪の日にはリフトのシートをこまめに拭くといった仕事もあります。

降車係

降車係は、リフトを降りるお客さんがスムーズに降りれるように降り場の整備する、1人で降りるのが困難にお客様の手伝い、降車時にお客様がコケてしまったらリフトを減速したりストップしたりする、といった仕事をします。

降車後にコケてしまうと、リフトに後頭部をぶつけてケガしたり、後続のお客様とぶつかったりと危険なので、リフトを直ぐに操作する必要があります。

お客様の動きに常に注意を払いながら、集中して仕事する事が大切です。

リフト操作係

リフトの運転・停止、リフト速度の向上・低下を操作するのがリフト操作係の主な仕事です。リフト乗車場に併設されている操作室で仕事をしますので、暖かい場所で仕事出来るのが嬉しいポイントです。

お客様がリフトに乗った後、椅子にしっかりと座っているか確認し、危険そうな場合はリフトを一旦停止して、きちんと座るよう促したり、転倒してしまった場合には一旦リフトを停止し、キチンと乗れたのを確認して再開したりと、こちらもお客様の動きに常に注意を払いながら、集中して仕事するようにしましょう。

リフト係の大変な所

お客様の安全に関わる仕事

仕事は単調で覚えるにも難しくはないですが、お客様の安全に関わるポジションですので、常にお客様に目を配る必要があります。

また、常にリフトは動いているので、お客様は次々とやってきます。例え疲れてきたとしても、気軽に目を離すことも出来ません。

他の職種とは違う、精神的な疲れを感じる仕事と言えます。

寒さがキツい

晴れて太陽が出ている日はまだいいのですが、天気が悪い日は本当に体の芯から冷えきり、手足の感覚がなくなるくらいです。

寒いと頭の回転も鈍り、仕事のミスに繋がりますので、防寒対策はキチンと行うようにしましょう。また、体温調節しやすい服装をして、忙しくて汗をかいた際に直ぐに着脱出来るようにしましょう。

汗をかいたままにしておくと、体調不良の元になります。

リフト係の良い所

ゲレンデ利用可も多いのでスキー・スノボ好きにはたまらない

休みの日や休憩時間に滑り放題の求人も多いです。スキー・スノボは日常生活では遊ぶのが難しいので、スキー・スノボ好きな人にはたまらない職種ですよね。

また、必然的にスキー・スノボ好きな人が集まりますので、スタッフ同士が仲良くなりやすいというポイントもあります。

休憩が多い

リフト係はローテーションで30分の休憩が回ってきます。

乗車係で30分→降車係で30分→操作係で30分→休憩30分といったシフトが組まれますので、精神的には疲れる仕事ではありますが、休憩も多いので充分に疲れを取る事も出来ます。

30分の休憩も仕事時間に含まれますし、休憩中や操作係の時は室内にいれますので、実際に屋外で仕事するのは4時間程となります。

この休憩の多さがリフト係が人気の職種である所以でもあります。

おすすめ派遣会社3選

実際に働くのは各地にあるホテルなので、ホテルの雰囲気や人間関係は重要ですが、その雰囲気の良いホテルに出会うには派遣会社の力が必須になります。つまり、派遣会社がリゾートバイトライフの鍵を握っている事は確かです。

リゾートバイトをやって良かった!ホテルの仕事楽しい!と思うには、自分の目的を叶えてくれる派遣会社を利用する必要があります。

「稼ぎたい」「出会いたい」「楽しみたい」と自分の目的をしっかりと持って、派遣会社及び求人選びをしていきましょう。そうすれば、楽しいリゾートバイトを送る事が出来るはずです。

時給の高さNo1「リゾートバイト.com」



リゾートバイト.comは業界No1の時給高さを誇る派遣会社です。他の派遣会社の時給が1000円程度に対して、リゾートバイト.comは時給1100~1200円の求人を多く揃えています。

また、時給1300円以上の求人も割りと簡単に見つける事が出来るので、貯金したい稼ぎたいという人は登録必須の派遣会社と言えます。

短期求人多数!「リゾバ.com」




リゾバ.comは求人数業界No1の老舗派遣会社です。常時3000件の求人が掲載されており、拘って求人を探したい人にはおすすめです。
特に1週間~1ヶ月の短期求人と友達同士歓迎の求人の多さに定評があり、待遇に妥協せず求人を探す事が出来ます。長期休暇を利用してリゾートバイトしたい大学生はぜひ登録しましょう。

フォロー体制抜群「ハッシャダイリゾート」




リゾートバイト初心者や楽しみながら仕事がしたい!という人にはハッシャダイリゾートをおすすめします。あらかじめ希望を営業担当に伝えれば、その希望に沿った求人を探しだし、就労前後のスケジュールを立ててくれます。

また、「海で遊びたい」「スキーが出来る場所希望」「温泉に入りたい」等のプライベートな要望も聞き入れてくれるので、公私共に充実したリゾートバイトライフを送れます。

 

リゾートバイトの職種
スポンサーリンク
シェアする
ホテリエール

コメント